読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋の神様

おすすめの本と本屋を紹介するブログです。

読書のバイオリズム

最近読む本は、エッセイや軽い小説ばかりです。どうも、読書のバイオリズムがあるらしく、軽めのものが読みたくなる時期らしい。 ひたすら読む周期のときは、ビジネス書を読む合間に小説やエッセイを挟んで、という読み方をしてたこともありました。エッセイ…

本屋さんと図書館

本屋さんと図書館の違いって何だろう。本屋さんに行くと、特に目的がなくても「読みたい!」とか「あー、これ、気になる…」という本に出会うことが多いのに、図書館ってあんまりそういう出会いがない。資料探すときにはとっても便利なんですけどね。それでも…

久々のはしご

先日、久々に本屋さんのはしごをしました。 京都、叡山電鉄・一乗寺駅にある恵文社一乗寺店(文科系女子御用達・気骨のある本屋さん)で暫く振りに書架に並ぶ選書の美しさを見て書店員さんの愛に打たれた後、ご飯を食べて、帰り際に北大路の大垣書店に寄る、と…

ピアノ・レッスン

自営業をしていると、基本は一人おうち仕事なので、空間にアクセントをつけるBGMは必須です。(おしゃべりして気分を変えられたらいいんですけどね。) BGMの条件としては、耳馴染みが良いこと、主張しすぎないこと、適度に空間のメリハリをつけてくれること。…

ブックサーフィン

ネットサーフィン、という言葉があります。ネットにある情報の海で、あたかもサーフィンをするよう、興味を惹かれる情報の波に次々と乗り移っていくことを指します。 同じように、ブックサーフィンをよくします。 1冊読んだ本を後書きまで読むと、関連する書…

ノスタルジア 原田知世

最近、お気に入りの曲。 原田知世「ノスタルジア」-『music & me』収録|シングル、アルバム、ハイレゾ、着うた、動画(PV)、メロディコール/待ちうたをパソコンで音楽ダウンロード(配信)、試聴、歌詞も【レコチョク】1003648480 原田知世のノスタルジア。 …

りかさん

www.shinchosha.co.jp 朝の光の清らかさ、春の気配、や、梅雨時の鬱蒼とした雰囲気。繊細な内面のゆらぎや色合いの変化。梨木 香歩さんのお話は、そんな目に見えない事象を丁寧に映し出すのが上手いな、と思います。春の気配がようやく見え隠れするこの時期…

本屋のおたく

本屋のおたく、という言葉を言われたことがあります。 本はもちろん好きです。通勤の行きと帰り(計1時間くらい)+寝る前(1時間くらい)で文庫本1冊は軽く読了するくらいは好きです。 まだ会社勤めをしていた頃、終業後は必ず本屋によって帰っていて、 京都烏…