本屋の神様

おすすめの本と本屋を紹介するブログです。

TOKYO STYLE

やっと、インターネット回線のフレッツ光ネクストに切り変えました。
メールで切り替えのお知らせが来てたのですが、何回かスルー。今使っている回線は使えなくなる、とのことで重い腰をやっと上げました。

昨日、回線工事の方に来ていただいて、ネット機器の交換と工事をしてもらい、3つあった機械が1つにまとまってスッキリ。

 

工事をしてくださったのは50代くらいのおじさんで、とても気さくな方でした。
色んなお宅に伺うので、ときにはヤーさん系の事務所に行くこともあるとか。でも、案外怖いのが堅気のおうちだったりするそうです。「私が正義!」と信じていて、筋が通らないことでもグイグイ主張して来る、巷で言うところのモンスターペアレント系のお宅、本当に大変みたいです。

 

お仕事柄、色んなおうちの中に入る、ということは沢山のおうちのインテリアとか暮らしぶりとか見られますよね〜、という話しをしてたら、やっぱりそれぞれ全然違いますよ、とおっしゃってました。

当たり前だけど、例えば、同じマンションの同じ間取りでも、暮らす人が違えば全く別の世界が広がってるんだろうな、と思うと不思議な感じがします。お洒落なインテリア雑誌ではなくって、普通の人の普通の今ある暮らしって、まあ見られないものです。
普通の人だと、せいぜい友人や家族・親戚のうちくらいしか見ないわけです。

 

ふと、都築響一の「TOKYO STYLE」、という写真集を思い出しました。

 

 

 


学生の頃見つけて、妙に惹きつけられて買ってしまった本。たしか、ビレッジバンガードの書籍コーナーで。

東京に住む様々な人の、飾らない毎日の家の中がひたすら収集されている写真集です。生活の匂いがありまくり・住人の個性出まくりの暮らしが写されています。多分、80年代〜90年代の暮らし。今見たら、ノスタルジーを感じるかもしれません。

 

その後、「賃貸宇宙」、という本も出されましたが、私の中ではTOKYO STYLEがやっぱり面白い。何が違うんだろう。愚直な感じで写真が収集されている感じがいいのかな。

 

そういえば、あの本、どこに行ったのかしら。久々に眺めたい気分です。

広告を非表示にする